2011年04月18日

プーチン伝説

最近ロシアのプーチンさんが気になります。
数あるプーチン伝説を見ていると、あまりにも激し過ぎて、「なんじゃこの人!?」から「すごーい!面白い☆」に変わってしまったというか。
先日紹介した「戦国鍋」や「オー!マイキー」と同じはまり方ですね(笑)。
北方領土問題等で、ロシアと日本は色々と問題を抱えていますが、それを念頭に置いていたとしても、ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチンという人間は、とても魅力的な人です。

過激な上に、鉄人過ぎて笑えるんですよ、プーチンさんは!
名言集としては「汚職をするような人間は腕を切り落としてしまわなければ」「睾丸を縛って吊し上げてやる」「可愛かったので、ついやってしまった(少年のシャツをまくり上げて、いきなり胸にキスをした)」など。
アメリカに亡命を希望したロシアの政治家が「プーチンを裏切ったら殺される!」と言っていた事からもわかるように、黒さ爆発です。
ロシアという国自体、スパイ活動や日本のニュースでも大きく取り上げられたリトビネンコ暗殺等で、政治の闇を感じさせるお国柄ではありますけど、隠されると余計に知りたくなっちゃいますよね。

プーチン氏は、柔道とサンボの有段者で、KGB(ソ連国家保安委員会)出身と言うだけあって、その辺のSPよりはるかに強いと言われています。
階級は予備役大佐。大佐ですよ、大佐。
シャアとおんなじー!
でもなぜかこんな写真を撮られてみたり。キュートですこと。

o0240027610256569454.jpg

カメラマンを襲ってきたシベリアトラを麻酔銃で仕留めたり、暴漢を取り押さえたりと大活躍ですが、そんなプーチンさんのKGB時代のお写真を発見したので、いつでも見れるように自分のブログに貼ることにしました(笑)。
暴漢を半殺しにするプーチンさん。

img7553aaddzik9zj.jpg

観光客になりすまして、レーガン大統領に近づくプーチンさん。

200903_20_66_b0031166_16332432.jpg

1988年撮影ってことは、米ソ冷戦終結間際かな。
首から下げてるカメラが、改造銃だったりなんかしたら、歴史が変わっていますね。
こういうスパイ活動経験者が、大統領になれたロシアという国ってすごいなぁと思います。
普通は裏を知りすぎてるからダメだったりしないのかな。
こうして写真まで残っちゃってるわけだし。



こういう写真や動画を見てると、日本の政治家が勝てる訳がないというか、情報としては色々頭に入っていても、裏社会を実際に渡り歩いてきた人とはやっぱり違うので、プーチン氏のような人が大統領をつとめていた国に日本は勝てないのではないかと思ったりします。
ブルース・リーが好きで、どんな動きをするか熟知していても、同じ動きができないのと一緒で、結局は実戦で腕を磨いていた人にはかなわないと思うんですよね。
穏やかに話し合いが進んでいるうちはよくても、心理戦とか、実戦になったら、日本の政治家は勝てないと思います。

過激ですけど、頭は切れるし、ものすごい牽引力があるから周囲も文句を言えないんだと思うんですよね。
怖い人だけど、日本にもこういう人が現れてくれないかなあと、最近時々思います。
だって、最低支持率72%ですよ!
最高でもこの数字って珍しいのに、どんだけ支持されてんだよ、みたいな(笑)。
菅さん、最高で66%だぞー!
今なんか24%だぞー!

うーん…楽しいな、プーチンさん。
ちょっと研究本読んでみようっと。
posted by K at 14:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まったく面白いじゃないか
Posted by マ=ア at 2015年07月31日 01:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/196429227

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。