2011年04月19日

口呼吸が増えてる?



最近電車などに乗っていて気になるのが、人の表情です。
ポカーンと口を開いたままで、本を読んだり携帯を眺めている人が増えた気がするんですよね。

私が小さい頃は、「みっともない。口を閉じなさい」と怒られたものですけど、季節が季節ですから、花粉症だったりして鼻が詰まってるのかしらと思ってみたり。
でも、口呼吸をしている人の中にはかなりの確率で、鼻が低い人や歯並びが悪い人がいるので、小さい頃からの癖なんだろうなと思うんですよね。
もしかしてお母さん方は、口呼吸の悪影響を知らないから注意しないのかしら〜と思って。

ちなみに口呼吸の悪影響としては、
・歯並びが悪くなる(出っ歯・受け口・ガタガタ歯)
・顔立ちが悪くなる(デカ顔・老け顔・ふぬけ顔)
・酸欠による肌の不調(むくみ・くすみ)
・体調への悪影響(風邪などをひきやすくなる)
・骨の歪み(寝る際に姿勢が悪くなるため)
・食事中に音を立てるようになる。
・口臭がひどくなる。
・集中力がなくなる。
などなど。
喘息や花粉症も口呼吸の人の方がはるかにかかりやすいと言われているようですので、「え?私はどうなの?」と思った人は、今すぐ要チェックや〜

1つでも当てはまる項目がある方は、口呼吸の可能性がありますので、ご注意を。
□自然な状態にしているときに無意識のうちに口が半開きになっていることがある
□ 唇を閉じにくい
□ 唇を無理に閉じようとすると顎に梅干状のシワができる
□ 上下の唇の厚さに差がある
□ 下唇がポッテリとしたタラコ唇である
□ 下ぶくれで頬の締まりがない
□ いつも口角が下がっている
□ 前歯がとび出している
□ 歯と歯の間に隙間が多い
□ 上下の歯のかみ合わせが逆で受け口である
□ 歯のかみ合わせが悪い
□ クチャクチャと音を立てて食事をする
□ 唇がカサカサに乾燥している
□ 朝起きたときにのどがカラカラに渇いている
□ 朝起きたときにのどがヒリヒリと痛む
□ 笑ったときに歯ぐきがむき出しになる
□ 鼻の穴を意識して動かすことができない

だから、最近流行のアヒル口も、実はあまりよろしくないのですよね〜。
改善法としては、 耳鼻科に行くとか、寝る時は専用テープを使用するとか色々あるようです。
posted by K at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。